その会議は本当に必要ですか?

May 17, 2019
雑学

記事要約

"会議を調整しましょう" は、ビジネス上の意思決定や課題がある時に、四六時中使われるフレーズになった。例えば、プロジェクトで次にやるべきか迷っている? "会議を調整しましょう" 。何かメンバーと共有することはある? "会議を調整しましょう"。実行に移すのに苦労している?"会議を調整しましょう"。会議の開催は多くのケースにおいて正しい解決策になることもある。一方で、いつもベストな手段ではない。私は、会議の開催が役に立ちそうかどうか、素早く判断できる意思決定ツリーを思いついたので是非紹介したい。このツリーを保存するなり印刷するなりして、会議を開催すべきかどうか簡単に、そして迅速に決めることができる。

  • この状況について一人で熟考したか?
  • 意思決定にはもう少しリサーチが必要か?
  • リアルタイムで話す必要がある事項か?
  • 直接会って話す必要がある事項か?

原文要約

“Let’s schedule a meeting” has become the universal default response to most business issues. Not sure what to do on a project? Let’s schedule a meeting. Have a few ideas to share? Let’s schedule a meeting. Struggling with taking action? Let’s schedule a meeting.

Although scheduling a meeting can be the right solution in many instances, it’s not always the best answer. I’ve come up with a decision tree to help you quickly determine if a meeting makes the most sense.

Save or print out this decision tree to make deciding whether or not to hold a meeting as quick and easy as possible.

元記事

Do You Really Need to Hold That Meeting?

https://hbr.org/2015/03/do-you-really-need-to-hold-that-meeting

エクセル内の計算を「視る」ツール Modelmap Analyzer

製品紹介ページへ

関連するニュース記事

初回テキスト無料贈呈
つぶやきました

専門トレーニングに関する資料をダウンロード

お問い合わせありがとうございました。

通信中にエラーが発生しました。
ブラウザを再起動後、もう一度お試しいただき
状況が改善しない場合、下記までご連絡下さい。
admin@modelmap.co