繁殖母牛の更新コストを財務モデルを用いて分析

May 17, 2019
農業

記事要約

出産をしたことのない雌牛や、雌牛の子供たちは酪農場における全体資産のおよそ 7% を占めている。一方、餌代や雌牛達の身の回りの世話に係る人件費、健康管理費用など、飼育にかかる事業経費は、年間の経費の中で最も大きいものの 1 つとなっている。Cornell University の 酪農経営の専門家である Jason Karszes 氏は、財務モデルを用いて繁殖母牛の更新コストが酪農経営に与える影響を試算した。Karszes 氏は財務モデルの中で、雌牛 1 頭を独立した事業体だとみなして計算を行った。Karszes は全米酪農雌牛協会の年次会議において、雌牛 1 頭をバランスシートを持った酪農場の子会社として扱い、雌牛の活動を事業だとして財務モデルの構築を行った、と報告している。

原文要約

Pre-fresh heifers and heifer calves typically make up about 7% of a dairy’s total assets. And operating costs -- such as feed, labor and health costs – associated with raising them is one of a dairy’s largest annual operating expenses.

Cornell University’s PRO-DAIRY Farm Management Specialist Jason Karszes uses a financial model that treats the heifer enterprise as a separate business to gauge the financial impact that the replacement program is having on the dairy. Karszes recently told the audience at the Dairy Calf and Heifer Association annual conference that the financial model structures the heifer operation as a wholly owned subsidiary of the dairy, with its own set of books.

元記事

Modeling the Financial Impact of the Replacement Program

https://www.dairyherd.com/article/modeling-financial-impact-replacement-program

エクセル内の計算を「視る」ツール Modelmap Analyzer

製品紹介ページへ

関連するニュース記事

初回テキスト無料贈呈
つぶやきました

専門トレーニングに関する資料をダウンロード

お問い合わせありがとうございました。

通信中にエラーが発生しました。
ブラウザを再起動後、もう一度お試しいただき
状況が改善しない場合、下記までご連絡下さい。
admin@modelmap.co