トルネードチャートを使用した財務モデリング

June 20, 2019
モデリング

記事要約

Liam Bastick氏はマイクロソフトの「 MVP アワードエクセル部門」を受賞したことのある 104 人のうちの 1 人として知られている。彼は自身が開発したエクセルのトルネードチャートと感応度分析の 2 つのスキルについて、世界会計士会議(国際会計士連盟によって運営され、4 年に1度開催される)で広められる以前から概説してきた。

数年前、彼は英国でコンサルタントとして、輸送会社の買収に関するデューディリジェンスを行っていた。その際に対象会社のビジネスについて理解し、シナリオ分析を行う上で、彼はシナリオに最も影響を与える10つの前提条件を明確化した。

原文要約

Liam Bastick is one of only 104 people in the world recognised as an Excel MVP. Ahead of his appearance at the World Congress of Accountants (WCOA), Bastick outlines how he uses Excel and a two-stage technique he has developed using “tornado” charts and sensitivity analysis.

Some years ago, when Liam Bastick was working as a consultant in the UK, he was involved in the due diligence and subsequent acquisition of a parcel delivery company in Germany.

To understand the business and to develop some modelling scenarios, Bastick identified the top 10 drivers for the performance of the organisation.

元記事

Modelling with tornado charts in Excel

https://www.intheblack.com/articles/2018/09/18/modelling-tornado-charts-excel

エクセル内の計算を「視る」ツール Modelmap Analyzer

製品紹介ページへ

関連するニュース記事

初回テキスト無料贈呈

専門トレーニングに関する資料をダウンロード

お問い合わせありがとうございました。

通信中にエラーが発生しました。
ブラウザを再起動後、もう一度お試しいただき
状況が改善しない場合、下記までご連絡下さい。
admin@modelmap.co